Great just isn't good enough.

毎日が楽しいなんて、毎日楽しくないのと同じ

ビットカメラでBTC決済してみた。

ビックカメラでのビットコイン決済が始まりましたね。

他の店舗でもビットコイン決済は経験ありますが、気になったので試してみました。

 

news.yahoo.co.jp

 

f:id:seika0pom:20170410111156j:plain

 

使ってみた感覚としては、電子マネーでの決済と変わらないほどのユーザビリティでした。

しかし、ビットコインを手に入れて管理する部分がまだまだ敷居が高い気がするので、ここでビットコインの入手方法をご紹介します。

 

ビットコインを手に入れよう

まず、現金と同様にビットコインを管理する財布が必要となります。

財布の種類は様々ですが、ここではスマホでの利用を対象として一般的な

「breadwallet」を使用します。

 上記のアプリをインストールしてウォレットの作成をします。

その際に、秘密のパスフレーズを保管してくださいとメッセージ出てきます。

このパスフレーズはとても大事です。これが漏れるとあなたの財布を第三者が利用することができるようになります。漏れないように大切に保管してください。

保管方法ですが、メモ帳アプリやスクショでの保管はオススメしません。

原始的かもしれませんが、紙に記載して家で保管する等をオススメします。

 

財布の準備ができたら、日本円をビットコインに交換して財布に入金します。

ビットコインの取引所は日本に割とたくさんあります。

その中でも今回は「zaif」という取引所を使用してみましょう。

 

 

まずはzaifへアクセスして、アカウント登録を行います。

ビットコインを取引するために、本人確認等を行う必要があるので、サイトの案内にしたがって手続きを行ってください。

一連の手続きが完了したら、日本円を入金してビットコインに変えていきましょう。

f:id:seika0pom:20170407163443p:plain

 入出金画面で日本円の入金を選択して、入金額、入金方法を指定して入金します。

 ※zaifではクレジットカードでビットコインの購入も行えます。

 

入金の確認ができたら、取引画面から現物買いを選択し、ビットコインを購入します。

↓ここ

f:id:seika0pom:20170407164152p:plain

 

ビットコインの購入ができたら、画面上部で保有資産の確認ができます。

(私はウォレッットに移してるのでここでは保有ないですが。。)

f:id:seika0pom:20170407164315p:plain

 

次は購入したビットコインをウォレットに移してみましょう。

なお、取引所にビットコインを置きっ放しにするのは良くないです。

取引所はあくまで取引する場所で銀行ではないです。

取引を行わない場合は、ウォレットに移して保管しましょう。

 

ビットコインをウォレットに移すには、btc出金画面から行います。

f:id:seika0pom:20170410104154p:plain

 出金アドレスには、自分の財布のアドレスを指定します。

 出金アドレスを確認するには、「breadwallet」アプリを開いて以下のページをみます。

f:id:seika0pom:20170410111459j:plain

 この画面の「19JVP・・・」がアドレスになります。

QRコードでも送金が行えます。

[注意]

上記のアドレスはテスト用に作成した私のアドレスになります。送金する際は、自分のウォレットのアドレスを指定してください。このアドレスには送らないこと。送った場合は私のお小遣いとなりますので。。。。

 

zaifのbtc出金画面から、出金リクエストを行いしばらく待っているとウォレットに着金通知がきます。

これでビットコインを購入し自分の財布に移したことになります。

ここまで出来たら早速ビットコインを使用してみましょう。

 

レッツビックロ!!

 

以上

 

寄付をして頂けると自分の活力になります。

頂けた方には何の価値もないNEKOKOコインを差し上げます。。。。。 

Donate with IndieSquare

広告を非表示にする
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin